明日のエネルギーとして期待が高まっている 再生可能エネルギーを中心に、日本の新しい 創エネ・省エネ技術と最新の光技術を組み合 わせて、明るい未来を体感できる、美しく楽しい光のイベントです。

様々な展示を通して、再エネ・創エネ・省エネについて学ぶことができます。また、電気を有効に用いた美しい光のインスタレーションを行うと同時に、一緒に参加して楽しめるライブ・イベントを展開します。

このイベントを通して、地域の活性化を計り、広く一般の人々に、エネルギーに対する知識を深め、より大きな関心を持ってもらうことを目的としています。


開催概要


日程:2019年10月31日(木) -11月4日(月・休)

10月31日(水) -11月3日(日・祝) 13:00 - 20:00
11月4日(月・休)13:00 - 18:00

会場:上野恩賜公園 噴水広場

〒110-0007 東京都台東区上野公園・池之端三丁目

東京メトロ 銀座線・ 日比谷線「上野駅」より徒歩5分
JR東日本「上野駅」より徒歩3分



ステージプログラム


10/31(木)

13:00
開場
15:30〜
展示説明

16:00〜17:40
ヘブンアーティスト
東京都公認大道芸人によるパフォーマンス
18:00〜19:45
ヘブンアーティスト
スペシャルステージ

20:00
閉場

11/1(金)

13:00
開場
14:00〜15:30
ヤングパワーステージ
学生によるダンスと歌のパフォーマンス
15:30
展示説明

16:00〜
ヘブンアーティスト
東京都公認大道芸人によるパフォーマンス
17:00〜
開催記念セレモニー

18:00〜19:45
ヤングパワー スペシャルステージ
滋慶学園COMグループ
20:00
閉場

11/2(土)

13:00
開場
14:00〜15:30
ヤングパワーステージ
学生によるダンスと歌のパフォーマンス
15:30
展示説明

16:00〜17:40
ヘブンアーティスト
東京都公認大道芸人によるパフォーマンス
18:00〜19:45
小松原庸子 スペイン舞踊団
フラメンコ スペシャルステージ


20:00
閉場

11/3(日・祝)

13:00
開場
14:00〜15:30
ヤングパワーステージ
学生によるダンスと歌のパフォーマンス
15:30
展示説明

16:00〜17:40
ヘブンアーティスト
東京都公認大道芸人によるパフォーマンス
18:00〜19:45
太鼓演奏
大治太鼓保存会(愛知)
倉敷天領太鼓(岡山)
打鼓音(神奈川)
豊の国ゆふいん源流太鼓(大分)

20:00
閉場

11/4(月・休)

13:00
開場
14:00〜15:30
ヤングパワーステージ
学生によるダンスと歌のパフォーマンス
15:30
展示説明

16:00〜17:30
ヘブンアーティスト
東京都公認大道芸人によるパフォーマンス
17:30
閉場セレモニー

18:00
閉場
※1.
プログラム内容は、天候などにより予告なく変更される場合があります。
※2.
荒天の場合は中止と致します。ご了承下さい。

創エネ・あかりパーク | プロデューサー


石井幹子 照明デザイナー

MOTOKO ISHII LIGHTING DESIGNER


日本国際照明デザイナーズ協会名誉理事
アジア照明デザイナー協会名誉会長
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問
都市照明からライトオブジェや光のパフォーマンスまでと幅広い光の領域を開拓する照明デザイナー。
日本のみならずアメリカ、ヨーロッパ、中近東、東南アジアの各地で活躍。
主な作品は、東京タワー、レインボーブリッジ、東京ゲートブリッジ、函館市や倉敷市の景観照明、 白川郷合掌集落、歌舞伎座ライトアップ 他。
海外作品では、ラ・セーヌ-日本の光のメッセージ/パリ、 ブダペスト・エリザベート橋ライトアップ/ハンガリー、 平和の光のメッセージ/ベルリン、トランジス/ベルン 、コロッセオ・光のメッセージ / ローマ、エッフェル塔日本の光を纏う/パリ
国内外での受賞多数。2000年、紫綬褒章を受章。

ホームページ





主催:「創エネ・あかりパーク2019」実行委員会

共催: 経済産業省、 国土交通省

後援: 東京都 建設局東部公園緑地事務所、環境省

協力:
東京国立博物館、 国立科学博物館、 国立西洋美術館、 東京都美術館
東京動物園協会、 恩賜上野動物園、 上野の山文化ゾーン連絡協議会、 台東区
日本太鼓財団、 上野観光連盟、 上野のれん会
美濃市、 長野灯明まつり実行委員会、 光文化フォーラム

出展協力:
ハンガリー大使館、
フィンランド大使館

照明デザイン: 石井幹子 + 石井幹子デザイン事務所

上野恩賜公園周辺の博物館・美術館の特別展(各施設ホームページ参照)
東京国立博物館「正倉院の世界-皇室がまもり伝えた美-」
国立科学博物館「ミイラ ~「永遠の命」を求めて」
国立西洋美術館「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」